FC2ブログ

王立宇宙軍 オネアミスの翼 2

日本で評価の高いアニメと欧米で評価の高いアニメは実はかなり違います。

例えば手塚治虫は余り評価が高くありません。
前の記事のクラシック・アニメBEST20で白蛇伝やどうぶつ宝島、パトレイバーからアップルシードまで入っているのに何故、手塚治虫は一本も入っていないのか?
驚いた方も多いでしょう。
ディズニーのライオンキングの元ネタとも言われるジャングル大帝、火の鳥、アメリカでリメイクまでされた鉄腕アトム、劇場用ならクレオパトラ、千夜一夜物語など日本人から見るとクラシック・アニメと言うのにふさわしい作品ばかりです。

maxresdefault.jpg

様々な意見がありますが、手塚治虫はアメリカ人から見るとディズニーの影響が強すぎるのです。
鉄腕アトムはミッキーマウスの変形に見えますし、ジャングル大帝は「バンビ」とストーリー、設定(森の王である大ジカの息子、バンビが力強く成長して王の後を継ぐ)がそっくりな上、登場する動物のほとんどがディズニーの模写と言ってもよいくらい似ているのです。
私は日本人ですから手塚治虫の偉大さを疑ったことはありませんし大好きですが、アメリカ人から見るとディズニーの模倣に見えてしまうのです。

欧米のあらゆるベスト10で必ず上位に入る「アキラ」はキャラクターの顔が東洋的でその細く吊り上がった目、低い鼻、突き出した口はどんなアニメ(トゥーン)にも似ておらず、アニメというフォーマット(形式)に収まること自体が奇跡!?と言われるくらいアメリカ人には衝撃的でした。
それまで「ジャパニメーション」(Japanimation)と言ういささか軽蔑した呼び名で、低予算で低品質のジャンク(クズ)フィルムと思われていたのが一転して「アニメ」(ANIME)と言う、独創的で作家性があり、芸術的ですらある尊敬すべきフィルムとはっきり認識されるようになったのはやはりアキラの頃からだったと思います。

そして、その東洋人の顔を最も見事にアニメで表現した作品が、この「王立宇宙軍 オネアミスの翼」だったのです。

IMG_1566.jpg

スポンサーサイト



王立宇宙軍 オネアミスの翼

八王子市夢美術館で開催中の「王立宇宙軍 オネアミスの翼展」。
10月27日、山賀博之×大西信之の対談講演会が開かれました。
往復はがきによる抽選という超アナログな申し込み法にも関わらず応募者多数、落選祭りとなりましたが大盛況でした。
皆さん、どうもありがとうございました。

DSC00844.jpg

プロフィール

FC2USER776756SGE

Author:FC2USER776756SGE
FC2ブログへようこそ!画家の大西信之です。日本とアメリカのファインアートとポップカルチャーに興味があります。最初は自分の仕事、ゆくゆくはその他の事柄についても取り上げていきたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR