FC2ブログ

村上隆とフィギュア 3

 「村上隆とフィギュア 2」の続きです。
 
 村上隆の名前を見てこのブログを初めて訪れた方もいると思います。
 これは恐らく一般の方にとって、村上隆について書かれた最も解りやすい文章だと思います。
 ただし、大西の文章はあくまでもアメリカで見たアメリカの現代美術の話ですから、日本国内、特に日本の美術評論家などの見解とは随分と違うかもしれません。

 続きをお話ししましょう。

 欧米の現代美術の世界に日本人として初めて穴を開けたのは、ボーメというフィギュア作家だったと書きました。
 続いてニューヨークの同じギャラリーで、同じくボーメの作った等身大のフィギュアを村上隆が村上隆の作品として(ボーメの作品としてではなく)発表しました。
 このボーメのことを野球に例えて、ロサンゼルス・ドジャーズで日本人として初めて大活躍をした野茂英雄だと書きました。
 野茂以前にもメジャー・リーグでプレーした日本人、勝利投手になった日本人はいました。
 しかし、メジャー・リーグ側の価値観を大きく変え、以後、一気に日本人選手が流入するきっかけとなったのは野茂以外にはありえません。
 その野茂がボーメです。
 しかし、野茂が一人でアメリカに行ってロサンゼルス・ドジャーズに入団したわけではありません。
 ダン野村という代理人が野茂に替わって難しい入団交渉をしたのです。
 そのダン野村が村上隆です。
 
 解りやすいでしょう?

 野球場でボールを投げたり、フィギュアを作っているのはあくまでも、野茂でありボーメなのです。
 ダン野村と村上隆ではありません。
 今でこそ、村上自身が本でこのことを詳しく書いていますが、1998〜9年当時、このことを知っている日本人はほとんどいませんでした。
 重要なのはダン野村も村上隆も非常に高いレベルの野球、アートの経験があり、野球とアートのことを知り尽くしていた、ということです。
 野球のことは専門家ではないのでよく解りませんが、絵を描いたり物を作ったりする人間は(私も含め)非常に内気で対人関係、特に交渉ごとが苦手な人が多く、このボーメも村上隆の存在が無ければ絶対にアメリカのギャラリーで個展などは開けなかったと思います。
 (ボーメさん、すみません)
 ただ、野球と現代美術が大きく違うのは、あくまでも野球だと名前が出るのは野茂ですが、現代美術では村上隆なのです。
 一般の方には解りにくいかもしれません。
 このことについては、このあとも段々とお話していきましょう。

images-21_2015032513293482f.jpg

 村上隆の代表作 Miss Ko2
 作ったのはボーメです。

スポンサーサイト



個展、やりました

 個展、大盛況のうちに終わりました。
 皆さん、どうもありがとうございました。

 ps: ロスコ・チャペルの正体はこれです。
 ロスコのことも抽象表現主義のこともよく知らない日本の観客のために作りました。

DSC00106.jpg

個展やってます 4

 急遽、一日延長して3月21日(土)までになりました。
 最後の一日ですが来れたら、ぜひ。
 
 フランスからアランさんが来てくれました。

DSC00124.jpg

個展やってます 3

 あと、わずか。
 東京、京橋の「あらかわ画廊」。
 tel 03-3566-5213
 皆さん、いらっしゃって下さい。

 これは武蔵美の視覚伝達出身のカッコイイアーチスト、モリタクマ。

DSC00063.jpg
 

個展やってます 2

 アメリカの抽象表現主義における最も重要な作家の一人であるマーク・ロスコはユダヤ教徒でしたが、その代表作のタイトルにシナゴーグ(ユダヤ教の礼拝所)ではなくあえてチャペル(キリスト教の礼拝所)と名付け、欧米の美術界で大反響を呼んだのです。

 「あらかわ画廊」に現れた小さな「ロスコ・チャペル」。
 大西信之はどうやって日本語に翻訳したのでしょう?

IMG_0384.jpg

 ぜひ、皆さん、いらっしゃって下さい。
 日曜、休み。
 チャペルなのに。
 笑。

個展やってます

 現代美術の世界では有名なマーク・ロスコのインスタレーション、ロスコ・チャペルを模した小さな部屋があります。
 日曜、休み。

IMG_0044.jpg

個展やります!2

 パーティやります。
 3月9日(月)4時〜
 東京、京橋の「あらかわ画廊」。
 tel 03−3566−5213

IMG_0526.jpg

プロフィール

FC2USER776756SGE

Author:FC2USER776756SGE
FC2ブログへようこそ!画家の大西信之です。日本とアメリカのファインアートとポップカルチャーに興味があります。最初は自分の仕事、ゆくゆくはその他の事柄についても取り上げていきたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR