FC2ブログ

写真3

 ナポレオンの写真です。
 フランス人アーチストの展覧会のオープニング・パーティーの時のスナップです。 大西の良く言う、被写体の性格や内面、人間関係まで感じとれる素晴らしい写真だと思います。  

DSC09677_2013112817371527e.jpg

スポンサーサイト



写真2

 アヴェドンほど有名ではありませんが以前、フランスのインターネット・メディアの取材を受けた時、やってきたカメラマンが非常に印象的でした。
 右の彼、何とナポレオンというのです。
 ナポレオン!
 フランス人でナポレオンという名前の人に会うのは初めてだったので、「チョーウケるんですけどー」とフランス語で言いたかったのですが、到底ムリで、英語で「リアル・ネーム?」(本名?)と聞くのが精一杯でした。
 笑。

DSC09586.jpg

写真

 このブログの写真のほとんどがデジタルではなく、アナログのカメラとフィルムで撮られています。
 大西は美大時代、専門の絵以外に選択できる実技に「写真」を選んでおり、昔はマニュアル(絞り、シャッタースピード、ピントの3つが手動で全部、合っていないとナント写真が写らない!) のカメラで撮影し、モノクロの写真はフィルム(ネガ)の現像から紙焼き(プリント)、引き伸ばしまで全部、自分でやっていました。
 カラーの現像は完全な暗室が無く無理だったので、近所のガンコな親父のいる写真屋で、細かい色調の注文までつけて焼いてもらっていました。
 好きな写真は人物で、被写体の性格や内面まで感じられるようなものが好きです。
 好きな写真家はリチャード・アヴェドンです。
 (好きが多くてすみません)
 アヴェドンの足下にも及びませんが、大西の撮った人物写真を何点か。

IMG_0081.jpg

 LA の友人。
 中央はギタリスト。
 左はカメラマンです。
 白熱灯の赤みを補正しないで焼いてもらっています。

IMG_0142.jpg

 シアトルの美術館の学芸員。
 後ろにあるのは大西の絵です。
 この写真は日本の雑誌「ブルータス」にも掲載されました。

車輪男の前で

 世界的アーチストの横山宏。
 大西が最も気に入っている写真のひとつです。
 ちょっと、アヴェドンぽいでしょう?

 PS: 横山宏さんは今、青森県立美術館で展覧会を開いています。 
 「寺山修司X横山宏 2人の箱男」展
 2013年11月12日〜2014年2月2日
 東京や LA の人にはキビシイかもしれませんが、青森近くの方はぜひ、いらっしゃって下さい。
 大西の写真も展示されています。
 笑。
 

九段下ビル

 こちらは、東京にある九段下ビルディング。
 1927年完成ですから、アメリカにあれば典型的なアンティーク・ビルディングです。
 残念ながら、2012年に取り壊されてしまいました。
 LA のビルにそっくりですね。
 九段下ビルについては、またいずれ詳しく書きたいと思っています。

IMG_0207.jpg

アンティーク・ビルディング

 アンティーク・ビルディングという英語があります。
 初めて LA に行った時、アンティーク・ビル・ウォッチングという言葉を知りました。
 アメリカでは築50年たつと歴史的建造物の申請ができるのですが、主に1920年代、第一次世界大戦後の好景気の中で建てられた建物が人気があります。
 観光名所になるような有名なビルではなく、ちょっと地味なオフィス・ビルや集合住宅などが通好みです。

IMG_0205.jpg

 リトル東京にある3階建のビルです。
 昔はボロボロだったのですが、修復されてすっかりきれいになりました。
 大西の大好きなビルです。

リトグラフ

 これが、LA ART BANKで展示したロサンゼルスの風景です。
 有名なシティ・ホール・ビルディング(市庁舎)を描きました。
 日本の国会議事堂の首を長くしたようなビルですが、1928年完成とは思えないほどの美しさです。
 アメリカには古くて美しいビルがいっぱいあります。

003.jpg
プロフィール

FC2USER776756SGE

Author:FC2USER776756SGE
FC2ブログへようこそ!画家の大西信之です。日本とアメリカのファインアートとポップカルチャーに興味があります。最初は自分の仕事、ゆくゆくはその他の事柄についても取り上げていきたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR