FC2ブログ

ファースト・ラビット

BALL PARK

 スポーツの話をしましょう。
 若い人は野球のメジャー・リーグで日本人選手が活躍するのを当り前と思っているかもしれません。
 しかし、そうではないのです。
 かつて、メジャー・リーグは白人、黒人、メキシコ人、プエルトリコ人のもので東洋人は決して活躍できないと言われていました。
 1995年、近鉄バファローズの野茂英雄がロサンゼルス・ドジャーズに大きな勇気を持って入団し、大活躍をしました。
 野茂の大活躍のおかげで、イチロー、松井秀喜、ダルビッシュ、田中将大ら今へと続く日本人メジャー・リーガーの道が開かれたのです。
 若い人にとっては昔話かもしれません。
 しかし、ほんの20年前のことなのです。

 今では欧米の美術館に日本の現代美術が飾られるのはごく当り前のことです。
 しかし、それは20年前には絶対に不可能と言われていたことなのです。

 ファースト・ラビット。
 このクラーク・フレッチャーこそアメリカの現代美術界におけるファースト・ラビットだったのだと思います。

DSC09918.jpg

 クラーク・フレッチャーの近影。
 手に持っているのは2011年に出版された大西信之の「ラストフライト」です。
 今日もクラークはジャパニーズ・ポップ・カルチャーの研究に余念がありません。
 笑。

スポンサーサイト



シアトルの話 Vol.7

 「ジャパニーズ・ポップ・カルチャー・アーケード」は期間中に16,000人の有料入場者がありました。
 これはCOCAの入場者の記録でした。

IMG_0200.jpg

 この展覧会は欧米の美術館が日本のポップ・カルチャー、アニメや漫画を公式に扱った最初のものでした。

IMG_0115.jpg

 この展覧会の後、アメリカ中の現代美術館やギャラリーが、日本のアニメや漫画をテーマにした展覧会を開くようになったのです。

 サンフランシスコのCAでヤノベケンジが、ニューヨークのフィーチャー・インクでボーメが、ロサンゼルスのMOCAで村上隆の「スーパーフラット」が、次々と開かれてゆくのです。

シアトルの話 Vol.6

 現地の新聞、雑誌などに一番大きく取り上げられたのは何と、大西信之のリトグラフでした。
 展示された壁面が、そのまま大きなインスタレーションになるような美しい展示でした。(^_^)

IMG_0227_20140425223227a2b.jpg

シアトルの話 Vol.5

 今では当たり前になったアニメ風のコスプレ。

IMG_0247.jpg

 「ジャパニーズ・ポップ・カルチャー・アーケード」。
 手塚治虫、士郎正宗、大友克洋、藤島康介らの代表作によるパネルのアーケード。

IMG_0216.jpg

 「ウォーター・フォール」。
 滝の中を無数の「キティちゃん」が泳いでいます。

IMG_0249.jpg

 日本のアニメや実写映像をサンプリングしたヴィデオ・アート。

IMG_0248.jpg
 

シアトルの話 Vol.4

 COCAの展覧会の様子を紹介しましょう。
 一番人気はウィーズ・トンプソンの「ハロー・キティ・アーク・アンド・ファウンテン」。

IMG_0225.jpg

 上の写真は日本の雑誌「美術手帖」にも掲載されました。

IMG_0223_20140419194433b6f.jpg

 欧米における「キティちゃん」人気もあって黒山の人だかりです。

プロフィール

FC2USER776756SGE

Author:FC2USER776756SGE
FC2ブログへようこそ!画家の大西信之です。日本とアメリカのファインアートとポップカルチャーに興味があります。最初は自分の仕事、ゆくゆくはその他の事柄についても取り上げていきたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR