スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2018年

明けましておめでとうございます。
これは私が尊敬するある絵描きさんが今も眠っている(と大西が勝手に想像している)エジプトです。
2018年が皆さんにとって良い年になりますように。

IMG_0855.jpg

銀座1丁目に引っ越したばかりの「あらかわ画廊」で3月26日(月)〜4月6日(金)個展やります。
去年、会えなかった人。
今年はお会いしましょう。

あらかわ画廊
104−0061 中央区銀座1−10−19銀座一ビル3F
TEL 03−3566−5213
日曜休み

スポンサーサイト

フェイスブック Facebook

年の終わりと初めに"Facebook"(以下FB)について書きます。
FBは世界最大のソーシャルネットワークです。
大西は去年始めて、その便利さに驚きました。

FBはアメリカ人のマーク・ザッカーバーグがハーバード大学在学中に始めたもので、当初は大学の学生交流サービスだったそうです。
ザッカーバーグについてはよく知りませんが、ユダヤ系であること、ユダヤ系であることを全く隠そうとしていないこと(多くのユダヤ系アメリカ人が改名してその出自を隠そうとします)恐らくは裕福な家に生まれたであろう、ということです。
ハーバード大学は日本では全く知られていませんが、元々はキリスト教神学を研究、学ぶための学校で、日本人の考える大学とは全く異質のものです(日本人の考えるクリスマスと同じくらい違います)
ザッカーバーグは校風が合わず、すぐ辞めているそうです。

もうひとつ。
FBはカリフォルニア州メンローパーク"Menlopark"にあるのですが、大西は何年か前に、この街に滞在したことがあります。

IMG_0802_20171220020601c71.jpg

メンローパークの駅。

コンソリデーテッド・エアウェイという中堅どころの航空会社の社長宅に泊めてもらい、街中を歩き回ったのですが、驚いたのは白人しかいない、ということです。
大西は単なる旅行者ではなく、その社長のゲストとして地域社会の多くのコミュニティに連れて行ってもらったのですが、黒人はもちろん、アジア系も全くいないのです。

IMG_0335.jpg

コンソリデーテッド・エアウェイの社長、レイモンド・ハローラン氏。
背が高くハンサムな人です。

あの人種の坩堝と言われるサンフランシスコ(全米最大のチャイナタウンがあり、アジア系が多い)のすぐ近くなのに有色人種が一人もいない!?
正直に言って、少し異様な感じがしました。

メンローパークで生まれ育った人は大人になって街を出るまで、ただの一人の有色人種とも知り合うことが無いのです。

いい、悪い、ということではありません。
しかし、フェイスブックはそういう街にあるのだ、ということを皆さんにも知ってほしいと思います。

合田ノブヨ

ギャラリー"LIBRAIRIE 6"で合田ノブヨ「箱庭の娘たち」展、開催中です。
東京都渋谷区恵比寿南1−12−2南ビル3F
11月4日(土)〜26日(日)
12時〜7時
月火、休み
素晴らしいコラージュの展覧会です。
皆さん、ぜひ。

23515567_1408750835903934_1003210788_n.jpg

アメリカ人の話 3

日本にいると解らない人種差別についてお話ししましょう。
アメリカのアート界における人種ヒエラルキー(上下関係)はこうです。
白人男性>>>白人女性>黒人男性>黒人女性>アジア系女性>アジア系男性
様々な意見がありますが白人男性がダントツであとはぐっと引き離されてダンゴです。
しかし、実はアジア系女性の中にも大きなヒエラルキーがあります。
日本女性とその他のアジア系女性です。
日本女性は白人女性の次か黒人男性の次くらいに来ます。
小野洋子は欧米ではナム・ジュン・パイクより有名ですし、草間彌生もニューヨークで早い時期から成功していますし、久保田成子はビデオ・アートの歴史の中では最も重要なアーチストの一人です。

何故でしょう?

実はイメージの問題が大きいのです。
古くは19世紀のジャポニズムの中心が日本の浮世絵だったため、美しいキモノ姿の日本女性に対するヨーロッパ人の憧れから、日本女性を主役とした多くの物語が作られました。
プッチーニのオペラ「マダム・バタフライ」をご存じの方は多いでしょう。
「マダム・バタフライ」を原型とする物語は欧米で無数に作られ、近年ではアメリカのミュージカル「ミス・サイゴン」やディズニーのアニメ「ポカホンタス」に至るまでアメリカの軍人とアジア系女性(ポカホンタスはアメリカン・ネイティブ)の運命に引き裂かれる悲しい恋、という設定は全く同じなのです。

これは非常に古くさい日本女性のイメージで、最近の日本女性の人気は実は日本のアニメ人気から来ています。

欧米で人気投票をすると必ず上位に入る日本アニメに高橋留美子の「うる星奴ら」があります。
ヒロインのラムちゃんは美しくセクシーなのですが非常に怒りっぽく、一度怒り出すとどんな大の男でも敵いません。
これは従来の男に従属する、被害者である日本女性のイメージを大きく変える物で、宮崎駿の一連のアニメに出てくる自立した女性、ビルボードで一位になった数少ない日本映画「攻殻機動隊」の草薙素子、アメリカの少女なら知らない者はいない「セーラームーン」など、年齢、設定にかかわらず「男より強い日本女性」が世界中で大人気なのです。

これは欧米の男性たちが弱くなったのか?

日本女性が強くなったのか?

皆さんはどう思われますか?

16789846_1850724975196221_3096843111733657600_n.jpg

80年代を代表するアーチスト。
イギー・ポップと合田佐和子。

アメリカ人の話 2

何とツィッターで20年ぶりの友人と連絡がつきました。
アメリカ人のマットです。
マットとは昔、同じ版画工房で一緒に版画(リトグラフ)を刷っていました。
その後、大西がアメリカやカナダで12回も展覧会ができたのも、この頃、マットと一緒に大量のリトグラフを刷っていたからです。

背が高くハンサムな男性でしたが、送られて来たアイコンを見ると人並みにオッサンになっていてちょっとホッとしました(笑)

IMG_0967_201709292047288ef.jpg

奥さんのパーミーはアメリカ人としては小柄でマットとの身長差がマンガのようでした。

IMG_0968_20170929204915b4e.jpg

大西も20年前の別人のような恥ずかしい写真。

IMG_0969_20170929205102077.jpg

パーミーは小柄でしたが、非常にキュートな大人の女性でした。

ああっ。
なつかしい。

プロフィール

FC2USER776756SGE

Author:FC2USER776756SGE
FC2ブログへようこそ!画家の大西信之です。日本とアメリカのファインアートとポップカルチャーに興味があります。最初は自分の仕事、ゆくゆくはその他の事柄についても取り上げていきたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。