FC2ブログ

ギャラリー椿の合田佐和子

京橋のギャラリー椿「オブジェ展」6/1〜15で合田佐和子の素晴らしいオブジェが展示されています。
1970年代に作られた非常に貴重な作品です。
合田さんの魂がギャラリーに降りて来ているような展示でした(涙)

DSC01345_201906142315191f0.jpg

スポンサーサイト

合田佐和子個展

京浜急行「新馬場」TERRADA ART COMPLEX 4F ANOMALYで素晴らしい展覧会が開かれています。
合田佐和子個展
1970〜80年代、日本のアンダーグランドで多彩な活動をしたアーチストです。
油彩による俳優のポートレイトが有名ですが、寺山修司や唐十郎の舞台、映画、宣伝美術などにも活躍しました。
4月20日(土)〜5月25日(土)
11時〜6時(金は8時)
日、月、祝日、休み
皆さん、ぜひ!

DSC00473.jpg

エジプト

エジプトというのは大西にとって特別な場所です。
大西は空路カイロからエジプト入りしその後ナイル・エキスプレス(急行列車)の寝台付きのコンパートメント(個室)でナイル川沿いに南下、一昼夜かけてアスワンに到着しました。

首都カイロは西洋的な大都会でしたが、ナイル川を遡るにつれ列車の窓に映る景色はタイムマシンに乗って旅しているように現代から中世へ、中世から古代へ、ついにはモーゼやイエス・キリストが生きていた頃のような光景に変わりました。

IMG_0916.jpg

草原や山や川といった自然だけではありません。
街や建物、人の姿に至るまでがそうなのです。
まるで二千年、時が止まっていたかような光景なのです。

IMG_0888_20190430235657faa.jpg

その時の驚きは今でも忘れる事はできません。

大西はさっそくシャツとジーンズを脱ぎ捨て、ガラビア(現地の人が着る民族衣装)に着替えました。
ガラビアは長袖で踝まで隠れる長いスカートのような衣装ですが、日差しの強いエジプトでは半袖シャツや短パンのような肌が出る服装よりも涼しいのです。

IMG_0938.jpg

これがガラビアです。

カルカディという不思議な赤い色のお茶を飲み、油の強い料理をいただきました。
あれは何という名前の料理だったのでしょう。

今でもあのエジプトで過ごした時間は夢の中の出来事だったような気がします。

個展やります 2

大西信之展〜オネアミスの翼〜
4月16日(火)〜27日(土)
11時〜6時
日休、最終日4時
あらかわ画廊
銀座1−10−19銀座一ビル3F
tel&fax 03-3566-5253

皆さん、来て下さい!

DSC00773.jpg

個展やります

個展やります。

大西信之展〜オネアミスの翼〜
4月16日(火)〜27日(土)日曜休み、11時〜6時(最終日4時)
あらかわ画廊
銀座1−10−19銀座一ビル3F
tel&fax:03-3566-5213

004.jpg

アメリカではシアトルCOCA、LAアートバンクなどで大規模な展覧会が開かれていますが昨年、八王子市夢美術館で日本の美術館としては初めての展示が行われました。
あるフランスの観客は「浮世絵が日本の美術館に展示されるのに200年かかった。ようやく大西の絵が日本の美術館に展示された」と感慨深げに語りました。
大西の絵を全世界に知らしめたアニメ「オネアミスの翼」をタイトルに、大西の過去と未来を展観します。
大西の画業の集大成とでも言うべき展覧会です。

IMG_0201.jpg

シアトルCOCAの展覧会。16,000人のアメリカ人が大西の絵を見ました。

プロフィール

FC2USER776756SGE

Author:FC2USER776756SGE
FC2ブログへようこそ!画家の大西信之です。日本とアメリカのファインアートとポップカルチャーに興味があります。最初は自分の仕事、ゆくゆくはその他の事柄についても取り上げていきたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR