FC2ブログ

第二のジャポニズム 4

19世紀、フランスの最先端にいる若いアーチストたちの間で、日本の版画を部屋に飾ることが流行りました。

mane01.jpg

エドゥアール・マネと歌川国明の相撲錦絵

IMG_0343_201808122038057b5.jpg

現代。ロサンゼルスのラッパーと大西信之のリトグラフ(笑)

スポンサーサイト

九段会館

東京の九段下にある九段会館という建物の解体が始まったのですが、驚いたのはそのことをツイッターに書いた所、たちまち「いいね」が7000「リツイート」が6000以上ついたことです。
このブログの「いいね」はもちろん、大西はツイッターでも多くて二ケタ(数十)、三桁(100)以上行ったことがありません(涙)

これがその大人気の「九段会館」の写真です。

ああっ、SNSは解らん(驚)

DSC00398.jpg

第二のジャポニズム 3

20〜21世紀の日本のアニメの世界的な大流行は19世紀の浮世絵の大流行と同じものだ。

このことに世界で最初に気がついた人は誰でしょう。

それは実はニュートンがリンゴが木から落ちるのを見て万有引力を発見したのと同じくらい画期的なことだったのです。

大西は人に聞かれると日本のオタク評論家、岡田斗司夫だと答えています。

DSC08477.jpg

これが岡田斗司夫です。

しかし、前に世界初の抽象画家は誰か?という質問に対しロシアのカンディンスキー、同じくロシアのマーレヴィッチ、オランダのモンドリアンがそうだと答えたのと同じように、ほぼ同時期にそのことに気づいた人がいるのです。
それはシアトルCOCAのキュレーター、クラーク・フレッチャーかもしれませんし、ニューヨークのアート・パトロン、スコット・モリエーロかもしれません。
何人かの候補がいるのです。

DSC09918_201806112057009fe.jpg

これがクラーク・フレッチャーです。

zy7qvzdj_20180612120003447.jpg

ゴッホの描いた「タンギー爺さん」にソックリです。

大西の意見は岡田斗司夫ですが、岡田斗司夫に聞けば全く違う答えが返ってくるかもしれません。

このことについては今後、世界中の優れた歴史家、研究家が明らかにして行くことでしょう。  

第二のジャポニズム 2

日本のアニメが世界中で大流行している。
20年前、そのことを知っている日本人はほぼ皆無でした。
アニメの制作会社、アニメを作っている人たちですらそのことを知らなかったのです。
それは江戸時代、日本の浮世絵がフランスで大流行している、ということを知っている日本人が一人もいなかったのと同じです。

では、何故、大西はそれを知っていたのか?

1995年、アメリカのロサンゼルスで開かれた「アニメ・エキスポ」(ANIME EXPO)にゲストとして招待されていたからです。

img018 (2)

当時のアメリカの雑誌。
アニメ・エキスポの公式ホームページによれば2009年はモーニング娘。の年、2010年はAKB48の年、そして1995年は大西信之の年なのです(笑)

*アニメ・エキスポについては左欄カテゴリ「アニメ・エキスポ」を参照。

第二のジャポニズム

歴史は繰り返します。
しかし、新しいものが現れた時、それが何の繰り返しなのか解らないことが多いのです。
大西がこのブログで書いた1990〜現在までの世界(アメリカ、フランス)のアート・シーンが19世紀のフランスのジャポニズム(日本趣味)の繰り返しだ、ということにほとんどの日本人が気づきませんでした。
しかし、そういうことはこれが初めてではありません。
かつて、19世紀のジャポニズムが日本人に理解されるのには100年かかったのです。

33a033dc22cf72e011d3e46809e5d0b6_600.jpg

エドゥアール・マネ「日本趣味」

IMG_0247_20180511193819bf6.jpg

シアトルCOCA「日本風の衣装と日本版画」

江戸時代、日本の浮世絵が多数フランスに渡り、ゴッホ、ドガ、ロートレック、マネなど当時、世界の最先端にいる若いアーチストたちに強い影響を与えました。
明治になって鎖国が解け欧米の情報がどっと入ってきた時、アートの分野で最新流行のムーヴメントとして日本に入ってきたのはフランスの印象派でした。
印象派の絵画は明治、大正の日本で多数、複製、印刷され、日本の若いアーチストたちに強い影響を与えます。
白樺派など日本の若い絵描きは皆、印象派の真似をして絵を描いていたのです。
その頃、印象派の画家たちが日本の浮世絵の強い影響を受けていた、ということを知っている日本人はほとんどいませんでした。
逆に日本の芸術(アート)がダメなのは江戸時代の(浮世絵に代表される)前近代的な体質を引き継いでいるからだ。
日本の芸術を世界に通用させるには江戸時代的なもの、浮世絵的なものを徹底的に否定しなければならない。
学ぶべきは印象派に代表されるフランス的なもの、近代的なものだ、と当時の知識人、評論家は口を揃えて言ったのです。

何という愚かなことでしょう。

世界の美術史の中で近代美術と言えば印象派のことです。
西洋の美術史上初めて王侯貴族やキリスト教会のためでなく、市民社会のために作られた芸術が印象派なのです。
そして、それは江戸時代、浮世絵がまさに幕府や大名、仏教の寺社仏閣のためではなく江戸の庶民のために作られた芸術であった、ということと全く同じなのです。
浮世絵が近代美術の先駆けとして世界の美術史上で高く評価されているのに対し、明治、大正、昭和の日本の近代美術は西洋美術のサルマネと言われ世界では全く評価されていません。

フランスの近代美術、印象派は実は日本の浮世絵の強い影響を受けていた。

このことを日本人が理解し始めたのは昭和も後半になってからでしょう。
大西が子供の頃でもまだ、浮世絵は恐ろしく趣味の悪い古くさく下品なものと思われていました。
日本の知識人、評論家は自分たちが憧れ、崇拝する西洋の偉大な芸術家たちがまさか、自分たちが軽蔑し貶んでいる浮世絵の影響などを受ける訳がない。
そう信じきっていたのです。
そして、20〜21世紀にかけて日本の文化、アート・シーンで全く同じことが起こります。
それが日本アニメの欧米における大流行だったのです。

プロフィール

FC2USER776756SGE

Author:FC2USER776756SGE
FC2ブログへようこそ!画家の大西信之です。日本とアメリカのファインアートとポップカルチャーに興味があります。最初は自分の仕事、ゆくゆくはその他の事柄についても取り上げていきたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR